• TOP
  • 診療科・部門紹介
  • 脳神経外科
  • 脳神経外科

    特徴と診療内容

    脳卒中をはじめ、すべての脳の病気に対応します

    脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの脳卒中から、脳腫瘍、頭部外傷、さらには認知症までのすべての脳の病気に対応します。
    脳神経外科専門医が常駐し、CTスキャンやMRIは常に検査できる体制にあるため、365日、24時間の緊急対応が可能です。
    また、高性能の手術用顕微鏡を常備しており、脳動脈瘤や脳腫瘍のほか、顔面痙攣、三叉神経痛など高度な技術を要する脳神経外科手術が可能です。
    尚、私たちは予防医療の観点から「脳卒中に予防に勝る治療はない」と考え、脳ドックに力を入れております。

    [ 診療領域 ]

    • 1.脳血管障害 出血性病変(クモ膜下出血・脳出血)、虚血性病変(脳梗塞)
    • 2.悪性・良性 脳腫瘍
    • 3.機能性神経疾患(顔面痙攣、三叉神経痛、顔面神経麻痺)
    • 4.頭部外傷(頭蓋内外血腫、頭蓋骨骨折)
    • 5.その他 髄膜炎、痙攣

    [ 対応可能な処置・手術 ]

    動脈瘤クリッピング術 開頭腫瘍摘出術 頭蓋内血腫除去術(急性・慢性) 顔面痙攣・三叉神経痛に対する微小血管減圧術

    特徴と診療内容_01
    特徴と診療内容_02

    脳ドックで発見された脳動脈瘤(矢印)


    外来担当医

    ●脳神経外科
    月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
    午前 藤岡 正導 藤岡 正導
    午後 藤岡 正導

    所属医師のご紹介

    名誉院長 兼 脳神経外科部長

    藤岡 正導(ふじおか しょうどう)

    〈昭和55年卒〉

    ■専門分野

    ・脳神経外科一般(特に脳動脈瘤、脳腫瘍の手術)

    ■所属学会・認定医・専門医

    ・日本脳神経外科学会(専門医、評議員) ・脳卒中学会(専門医)
    ・脳卒中の外科学会 ・日本脳ドック学会 ・脳神経外科コングレス