薬局

[ 薬局理念 ]

患者さんを第一に考えた、安心・安全で良質な薬物療法の提供に努めます。

[ 薬局基本方針 ]

  • ・医療チームの一員として他職種と連携をはかり、医薬品の適正使用を推進します。
  • ・向上心を持って自己研鑽に励み、より専門性の高い薬剤師を目指します。
  • ・教育・研修を推進し、人として、医療人として暖かみのあるスタッフの育成に努めます。

薬局では、薬剤師6名、調剤助手2名の体制で、有効で安全かつ経済性を考えた薬物療法を提供するため様々な業務を行っております。
電子カルテ導入に伴い、内服・外用薬処方および注射薬処方ともすべてオーダリング化されています。また電子カルテにより入院・外来ともに患者さんの情報をタイムリーに入手す ることが可能ですので、様々なご相談・お問い合わせにも迅速に対応することができます。
医薬品データベースを構築し、各部署のコンピュータ端末から随時閲覧可能であり、医薬品情報の提供体制も整えています。

薬局 集合写真

調剤業務

外来および入院患者さんの飲み薬・外用薬の調剤を行います。
患者さんに安全で適切なお薬が提供されるよう、禁忌情報、個別の服用量、お薬の飲み合わせ等についてチェックを行います。調剤支援システムにより処方歴の管理、お薬の相互作用・重複投与チェックがされ、またそのチェック機能は必要度の高さに応じてカスタマイズ行っています。
患者さんの服薬管理状況や服薬支援されるご家族などの希望に応じて、一包化調剤などニーズに合わせた調剤も行います。
当院では外来処方薬も当院薬局窓口にてお渡ししますので、お薬の説明書やパンフレットを用いて服薬指導を行います。お薬に関する質問やご相談、飲み残しのお薬に関するご相談等にも随時対応しています。

調剤業務 写真

注射薬調剤業務

入院される患者さんの大半が点滴など注射薬の投与を受けます。
注射薬は、血管を介して体内に直接投与するものですから、内服薬以上にその使用には細心の注意を必要とします。薬剤師は、医師から出される指示の内容について、薬剤の選択、投与量、投与方法や薬剤の組み合わせなどの適切性についてチェックを行い、情報提供・処方提案により患者さん個々の状態に合わせた薬物投与の支援を行っています。
注射薬についてもオーダリングシステムおよび調剤支援システムを導入していますのでこれらを利用し、配合変化等のチェック事項について必要性に応じたカスタマイズを行い、また、医師がオーダーする際の注意喚起、看護師が薬剤を投与する際の注意事項などの情報提供も行っています。

TDM(薬物血中濃度モニタリング)業務

お薬によっては、血中濃度が、効果や副作用に深く関連する場合があります。当薬局では、主に抗MRSA抗菌薬について、血中濃度の測定結果から、解析ソフトを用いて適切な投与量と投与方法の設定を行っています。初期投与設計を行い、その後実測した血中濃度から濃度推移を解析・予測し、作成した投与計画をもとに、今後の治療について主治医と検討します。

TDM業務 写真

無菌調製業務

がん化学療法を受ける患者さんの投与設計の段階から参画しています。投与スケジュール管理、投与量、投与方法の注意点、副作用防止のための対策などを主治医に提案しながら、患者さんが安全で適切に治療を受けられるよう取り組んでいます。
がん化学療法に使用される薬剤は、十分な安全管理が必要であるため、整った環境下で薬剤師が注射薬の混合調製を行っています。

無菌調製業務 写真

薬剤管理指導業務

入院患者さんに安心して治療を受けて頂くために、各病棟に担当薬剤師を配置しています。
入院患者さんが持参された薬剤はもちろん、内服薬、注射薬すべての薬歴管理を通して、飲み合わせのチェック、使用量、使用方法の確認を行っています。患者さんに対しては、ベッドサイドや患者説明室での服薬指導にて、お薬の効能・効果、服薬法と使用上の注意をご説明すると同時に、患者さんのコンプライアンスやご要望に合わせ、お薬を服用しやすいような形態への検討を行います。また、投与されているお薬の効果・副作用を観察し、早期の副作用発見や、コントロールできていない症状があれば、患者さんのお話を聞きながら、お薬での対応が可能な範囲かどうかを検討し、主治医への処方提案に取り組んでいます。
このように患者さんの日々の変化を追い、ご家族の声を聞きながら、他職種と連携して迅速に対応しています。

薬剤管理指導業務 写真

チーム医療への参加

当院では、各々の専門職が協力しチーム医療に勤めています。薬剤師も各種の委員会に参加し医療の質の向上に貢献しています。
当院には、よりよいケア、患者さん・ご家族の満足の向上を目指して、多くの委員会活動があり、定期的な回診が行われています。回診では他職種で構成されるチームが、さらに専門性の高い検討を行います。
薬剤師は栄養療法回診、感染回診、緩和ケア回診に参加し、よりよい薬物療法を目指し提案を行っています。各分野には認定資格がありますが、薬剤師においても同様で、認定取得に必要な他施設への研修などについても積極的に取り組んでいます。現在当院の薬局には、2名の日本静脈経腸栄養学会栄養サポートチーム(NST)専門療法士が活躍しています。
また、糖尿病教育入院(基本的に2週間)では、多職種の講義の一つとして、週1回の薬剤師講義も行い、多職種カンファレンスにて患者情報の交換や方針についての検討を行っています。

医薬品情報(DI)管理業務

医薬品に関する様々な情報を収集・提供・管理しています。また、医師や看護師からの問い合わせへの対応や、緊急安全性情報などの薬に関する情報を、関係スタッフへ速やかに提供できるよう努めています。

在庫管理業務

患者さんへの医薬品の安定供給に大切な業務であるのと同時に、病院経営にも直結する重要な業務でもあります。当院ではSPD(Supply Precessing and Distribution)システムを用いて安定した在庫数の確保、余剰在庫の防止に努めています。

勉強会

月に2回、新薬、当院採用薬、採用検討薬について、多職種参加のメーカー主催勉強会を、また、薬局内では月に2回各薬剤師が各々テーマを決めて、持ち回りで勉強会を行っています。その他、看護師向けにハイリスク薬等注意すべき薬剤の講義や、委員会を通して薬剤の適正使用などの院内全体向け勉強会も行っています。

出前健康講座

地域の方々からの要望に応じて、薬剤師が出向き、「お薬の正しい飲み方」と題した講演も行っています。

学校薬剤師

中学生への薬物乱用防止教室の開催をはじめ、中学校の先生・保護者の方々と連携をとり、中学生が安心して学校生活を送れるよう薬剤師の立場から支援しています。