社会福祉法人 恩賜財団 済生会みすみ病院 オフィシャルBlogサイト
済生会みすみ病院公式facebook
みすみのまど

CATEGORY

4月14日 熊本地震における当院の対応について

2016.04.15 (Fri)
このエントリーをはてなブックマークに追加

4月14日の21:26頃熊本市東部に隣接する益城町を震源とした震動7の地震が発生しました。

当院でも震度6程度のいままでに経験したことがない揺れを感じました。
すぐさま病院に出向き被害状況を確認しましたが、幸い入院患者には影響がなくひと安心しました。
ところが地元救急隊本部より被災者救護の災害対策本部を設置を要請されました。

なんと病院には最初の地震後余震が続いているにもかかわらず、自発的に職員が集まり、当てにならない事務長は放っといて、自分達で救急救護所を作り上げてくれました。

その姿になにかしら感動さえ覚え、最近涙もろい事務長の目は(T-T)状態でした。
幸いなことに救急搬入される傷病者はなく、準備はめでたく空振りに終わりました。

 

さて当院は築30年以上経過した建物で耐震基準を満たしておりません。

そのために年初より耐震改修工事に着手し、工事もすでに駆体は完成し内装に入っていました。

これで、もし工事が一ヶ月遅れていたら病院はどうなっていたか…本当に幸運な話でした。

着工後は騒音、ほこり、匂い、病床の使用制限などマイナスの出来事しかなかった工事ですが、今回のこのアクシデントで耐震基準工事の評価につながり、工事現場のにいちゃん達に感謝。

 

今回の地震は東日本震災の時と異なり津波がなかったことが、海辺の病院である我々には最もラッキーなことでした。

これに津波があれば丘の上にある当院が助かったとしても病院に収容しなければならない患者数は想像を絶すると思います。
田舎の弱小病院に出きることは限られていますが、地域医療を守る最後の砦として、この優秀なスタッフと共にこれからも頑張ろうと心を新たにしました。

 

事務長の独り言

image2

image1

image4


関連記事RECENT ARTICLE

2021.08.16 (月) categoryお知らせ 「タブレットAI問診」を導入しました 5月に「タブレットAI問診」を導入しました。 これまでの紙の問診票の代わりに、専用のタブレットで患者さんの症状などを聞き取ります。   このタブレットには約5万もの膨大な医学情報が入っており、 症状に応じて、3 […]

2021.03.25 (木) categoryお知らせ 松合地区 巡回診療の「オンライン診療」をはじめました   【巡回診療の「オンライン診療」をはじめました】   3月より、松合地区で行っている巡回診療の一部を「オンライン診療」で実施しています。 「オンライン診療」とは、スマートフォンなどの情報機器を通して […]

2020.04.02 (木) categoryお知らせ 【2020年4月 新しい仲間が加わりました】 4月1日 10名のフレッシュな職員が新たに加わりました。 看護師7名、薬剤師2名、言語聴覚士1名   今年は残念ながら歓迎会ができないため、 院長の粋な計らいで、三角町戸馳島の名産である洋ランを、入職のお祝いと […]

2020.03.07 (土) categoryお知らせ 【男たちのバレンタイン大作戦】 通所リハビリ「コンパス」では、例年と趣向を変えて、 男性利用者と男性スタッフを中心に、「逆バレンタイン大作戦」を敢行しました。   これまでほとんど料理の経験がないメンバーでしたが、 レシピを見ながら作業分担を […]

2020.02.09 (日) categoryイベント情報 【うきうき健康ウォーキングに参加しました】   2月9日(日)宇城市保健福祉センターが主催する「うきうき健康ウォーキング」に、初参加しました。 三角町のシンボルである、”海のピラミッド”の幻想的な雰囲気の中で、 リハビリスタッフに […]

ページの先頭へ