• TOP
  • 診療科・部門紹介
  • 臨床検査室
  • 臨床検査室

    検査室は部長1名、臨床検査技師9名で構成され、検体検査部門3名、生理検査部門6名体制で診療支援を行っています。診察前検査が基本となっており、特殊検査を除くほとんどの検査が生理検査も含め1時間以内には結果報告が可能で、その日の患者さんの結果で診察を受けていただく体制になっています。
    さらに、夜間及び休日の救急診療に応えるため24時間待機制を整えています。また院内安全管理、感染対策委員会、輸血療法委員会などにも積極的に参加しています。

    検体検査部門

    検体検査部門では提出していただいた血液、尿、便などの検体を科学的に分析したり、顕微鏡を用いて細胞等を観察することで、疾患の診断・治療・予防などに役立つ正確な情報を迅速に提供することを目的としています。
    正確なデータを提供するため外部精度管理として日本医師会精度管理調査、熊本県臨床検査精度管理、県技師会標準化事業などに参加しています。さらに毎日、内部精度管理を行い検査項目の精度保証、機器の保守、整備に努めています。

    検体検査部門 写真1
    検体検査部門 写真2
    検体検査部門 写真3
    各検査の紹介
    生化学検査 血液や尿の中に含まれている成分を測定するもので、身体の健康状態、とくに各臓器の健康状態をチェックできる重要な検査です。肝機能検査、腎機能検査、脂質検査などがあります。
    血液検査 代表的な血液成分である赤血球、白血球、血小板などの量や形態を検査することにより貧血や感染症、白血病等の血液疾患の診断に有用な検査です。
    一般検査 尿、便、体腔液(髄液、胸水、腹水等)の検査やインフルエンザウイルス感染等の迅速検査を行っております。その中でも尿検査は患者さんに苦痛を与えず、尿路系のみならず全身の状態を把握することができる日常診療に欠かせない検査のひとつです。
    輸血検査 輸血は、様々な理由により血液成分が不足した患者さんに各種血液製剤を補う治療方法です。貧血などで輸血が必要になった場合や手術時の出血等に備え、血液型検査、不規則抗体スクリーニング検査、交差適合試験を行っております。安全で確実な血液製剤の確保、実施、施行ができるよう努めています。

    生理機能検査部門

    生理機能検査部門では、心電図検査や超音波検査をはじめ、脳波、呼吸機能検査、トレッドミル運動負荷試験、ホルター心電図、ABI,(血圧脈波検査)、眼底カメラ、6分間歩行テストなど多くの検査を行っています。
    中でも超音波検査は超音波専門医の指導の下、各種(心臓、腹部、乳腺など)超音波検査士や血管診療技師等がその業務にあたっており、心臓をはじめ、腹部、乳腺、甲状腺、他体表臓器や、腎動脈、頚動脈、四肢の動静脈、経食道心エコーなど、さらに腱の断裂など整形の分野まで、ほぼ全身が超音波検査の対象となります。また、エコーガイド下生検や前立腺生検、経皮的胆管ドレナージなど治療の分野も含め幅広い臨床支援を行っています。

    認定資格取得

    • ・超音波検査士認定資格(心臓領域):3名
    • ・超音波検査士認定資格(腹部領域):2名
    • ・超音波検査士認定資格(体表領域):1名
    • ・超音波検査士認定資格(泌尿器領域):1名
    • ・血管診療技師:1名
    • ・フットケア指導士:1名
    生理機能検査部門 写真1 生理機能検査部門 写真2
    各検査の紹介
    12誘導心電図 両手両足と胸に電極をつけて、心臓が発する電気現象を波形として記録したもので、不整脈や狭心症などの評価をします。
    超音波検査 超音波を用いて体内の臓器や血管などを描出し、その機能や形態を検査します。対象は心臓、肝・胆嚢・膵臓・腎臓など腹部の臓器、乳腺・甲状腺などの体表臓器、また頚部から足趾までの動静脈など全身に及びます。
    ホルター心電図検査 胸に4~5個の専用の電極を貼り付け、動いているときや寝ているときの心電図を24時間記録し、不整脈や狭心症などの診断に活用します。
    トレッドミル
    運動負荷試験
    心電図と血圧を測定しながらベルトコンベアの上を歩き、その変化から狭心症や不整脈疾患などの診断に活用します。
    ABI 上腕と下肢の血圧を同時に測定し血圧や脈波を測定することで、血管の狭窄の程度や血管の硬さなどを調べる検査です。
    呼吸機能検査 肺活量、努力性肺活量、1秒率など、肺の生理機能を記録する検査です。
    脳波 脳が発する電気現象を頭皮上に置いた電極で記録したもので、脳の機能的障害や器質的障害などの有無や程度を調べる検査です。
    眼底カメラ 網膜表面を直接写真撮影して、動脈硬化や高血圧、糖尿病などに伴う血管の異常、白内障や緑内障などの有無を調べる検査です。
    6分間歩行検査 6分間なるべく早足で歩いて頂き、歩行時の脈拍、血液の酸素飽和度や歩行距離、息苦しさなどを記録し、慢性閉塞性肺疾患などの有無を調べる検査です。