無料低額診療事業のご案内

生活に困っていても必要に応じ医療を受け、天寿をまっとうできる世の中であってほしい-済生会が生まれるきっかけは、そのような「施薬救療」の精神です。当院では今も受け継がれるこの精神を託した無料低額診療事業を行っています。

「済生」にこめられた思い

「済生会」とはどんな組織かご存知ですか?
済生会の誕生は明治末期にさかのぼります。日清、日露戦争後、経済発展の一方で国民の貧富の差は拡大し、生活に困窮する人々が増え続けていました。その状況を見かねた明治天皇は、明治44年、時の総理大臣を召されて、「医療を受けることができずに困っている人達に施薬救療し、済生の道を弘めるように」という「済生勅語」に添え、基金としてお手元金150万円を御下賜されました。そして誕生したのが済生会です。
「済生」とは中国の古典に拠ったもので、その意味は“生命を救うこと”です。つまり「済生の道を弘める」というお言葉には国民に等しく救済の手をさしのべたいという御心が込められています。
その精神を託す具体的な事業の一つとして、行っているのが無料低額診療事業です。

1.無料低額診療事業とは

社会福祉法第二条第三項に基づいて、経済的理由により適切な医療等を受けられない方々に対して、安心して治療を受けていただくため、無料または低額で診療等を行う事業です。

2.どんな人が利用できるの?

この制度を利用することができるのは、当院で治療を受けられる方で、経済的な理由で診療費の支払いが困難な方です。ただし、一定の条件があり、対象となるのは当院の診療費に限ります。

3.利用するには?

この制度の利用をご希望される場合は、まず医療相談室(1階総合受付内)までお申し出ください。事業の対象となるか、ソーシャルワーカーが事情をお聞きいたします。

4.申請に必要なものは?

基準を満たしているかどうかを判断する為、収支の分かる資料や申請書に第三者(民生委員等)のコメントをお願いすることがございます。あらかじめご了承下さい。

5.医療費のこと、生活のことなどでご相談がありましたら医療相談室へ

医療相談室では、無料低額診療事業の他にも、介護保険や身体障害者手帳のこと、入院生活の悩みごとや退院するにあたっての心配ごと、受診・転院のご相談などについてもお受けしています。どうぞお気軽にご相談ください。

医療相談室のご案内